EVENTS

2024.07.20〜2025.01.19
角川武蔵野ミュージアム、SACULA DINERほか
有料

モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光

開催中
展覧会キービジュアル
Design and creative direction : GIANFRANCO IANNUZZI
Multimedia content production: KARMACHINA.
角川武蔵野ミュージアム 1階 グランドギャラリーにて、2024年7月20日(土)~2025年1月19日(日)に光のアーティスト、モネの見た景色に没入する体感型デジタルアート劇場第4弾「モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光」を開催します。
イベント名
モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光
開催期間
2024.07.20〜2025.01.19
開催時間
10:00~18:00(最終入館は17:30まで)
料金
一般(大学生以上)2,500円/中高生2,000円/小学生1,300円/未就学児無料
チケット購入ページへ

事前予約がおすすめです

展覧会内容

第1回印象派展から150年の節目に、モネの見つめた世界を体感するイマーシブ作品を上映

フランス・パリに生まれ、印象派を代表する画家のひとりであるクロード・モネ(1840-1926)。移ろいゆく景色や時間を、柔らかい色遣いでキャンバスに描きとめ、生涯を通して数多くの作品を残しました。自然を愛し、太陽の筆捌きを敏感に捉えながら制作を続けたモネは、「鳥が歌うように絵を描きたい」と語っています。

本展では、モネが人生で訪れた場所をなぞりながら、モネの見た景色、共に過ごした家族や友人、最後の住処であるジヴィルニーでの生活などを音楽と共に追体験します。映像は、19世紀後半にサロン(官展)を離れ、作品発表の場を求めて仲間と自主開催した1874年のグループ展(印象派展)に出展した作品《印象、日の出》から始まります。この作品を見た批評家が辛辣に揶揄したことから、「印象派」という言葉が生まれたと言われています。印象派が生まれた19世紀のフランスで、モネはどのように生き何を描きたかったのか、画家の網膜にはどんな光が投影されていたのか。光の世界に包まれながらモネの気持ちを追体験してください。

また、映像展示以外にも、モネを学ぶエリアや、モネを楽しむフォトスポットを設置。学びのエリアでは、印象派展の変遷や、モネが描いたテーマ、モネの手がけた「連作」の手法、そして彼が影響を受けたジャポニスムに至るまでを解説します。フォトスポットはジヴェルニーの「睡蓮の池」をイメージ。映像作品と合わせて、モネの描いた世界をお楽しみください。

ジャンフランコ・イアヌッツィと角川武蔵野ミュージアムのタッグで完全新作の体感型デジタルアート劇場を開発

アートと物語を全身で浴びる没入(イマーシブ)体験。角川武蔵野ミュージアムではグランドギャラリーにおいて、1000 ㎡以上の巨大空間をあますことなく映像と音楽で包み込む「体感型デジタルアート劇場」を開発しました。33台の高輝度プロジェクターを組み合わせ、すべての壁面と床面をシームレスに繋ぎ合わせた全く新しい映像体験は角川武蔵野ミュージアムならではであり、映画ともVRとも違う「共有できる」特別な時間と空間を提供しています。

これまで第1弾「浮世絵劇場 from Paris」(2021年)、第2弾「ファン・ゴッホ―僕には世界がこう見えるー」(2022年)、そして第3弾として「サルバドール・ダリ ― エンドレス・エニグマ 永遠の謎 ―」(2023年)を開催。多くの来場者がアートに包み込まれる没入体験を楽しみました。

これまでの作品は、海外で上映されていた作品を角川武蔵野ミュージアムに合わせてカスタマイズしていたものですが、今回、「ファン・ゴッホ」展、「サルバドール・ダリ」展でクリエイティブディレクターを務めたジャンフランコ氏と角川武蔵野ミュージアムは完全新作として「モネ」展を制作。ワールドプレミア作品として初上映し、日本から世界に向けて発信します。

イマーシブアート クリエイティブディレクター  Gianfranco Iannuzzi(ジャンフランコ・イアヌッツィ)

デジタルアーティストであり、イマーシブアート展覧会のクリエイティブディレクター。イマーシブアートインスタレーションの先駆者として、35年以上にわたり世界中で数多くの展覧会を開催し、何百万人もの観客を迎えてきました。


Gianfranco Iannuzz

コメント

「感情的、音楽的、視覚的であることに加え、イマーシブ(没入)でインタラクティブ(双方的)な環境を創り出し、デジタルアートを通じて特別な場所を再利用し、再生し、昇華させ、観客を作品の中心に引き込む。そして、その空間の中では観客自身が参加者となる。これが私のアートへのアプローチを要約する方法です」
「80年代の終わりから、私は新しい技術を取り入れながら、新しいイマーシブインスタレーションを制作し続け、多くの観衆がより感情的にアートを体験できる機会を提供してきました。より多くの人が、このソーシャルな側面も持つ新しいタイプのイマーシブ体験を通じてアートを楽しんでいただけることを願っています」

WEBサイト

http://www.gianfranco-iannuzzi.com/


コラボフード、コラボドリンク


展覧会の期間中、角川武蔵野ミュージアム内のメインダイニング「SACULA DINER(サクラダイナー)」と、カフェ「KadoCafe」にて、それぞれコラボフードとコラボドリンクを提供します。

提供期間

2024年7月20日(土)~2025年1月19日(日)
※一部メニューは期間限定となります。また提供期間が変更となる場合がございます。

SACULA DINER


【夏季限定】モネ夏のフレンチパスタ(ブイヤベース風)

【夏季限定】モネ夏のフレンチパスタ(ブイヤベース風)


モネが愛したフランスの伝統的料理「ブイヤベース」をアレンジしたパスタ。清涼感のあるペペロンチーノです。
価格:2,000円(税込)


睡蓮と橋のペッシュメルバ

睡蓮と橋のペッシュメルバ


ペッシュメルバとはバニラアイスに桃とフランボワーズ(木苺)とアーモンドを合わせたスイーツ。そちらを『睡蓮の池にかかる橋』に見立てました。アクセントの赤紫蘇のジュレでさっぱりと召し上がれます。
価格:1,200円(税込)


※フードは、冬季には新メニューを用意いたします。
※予告なくメニュー内容などが変更となる場合がございます。


KadoCafe


モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光 コラボプリントラテ

モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光 コラボプリントラテ


種類:3種<散歩、日傘をさす女性(写真左)/印象、日の出(写真右)/ラ・ジャポネーズ>
価格:各700円(税込)

「モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光」デジタルチケット提示サービス

対象店舗にて「モネ イマーシブジャーニー 僕が見た光」デジタルチケットをご提示いただくと、下記サービスを受けられます。

期間

2024年7月20日(土)~2025年1月19日(日)


LOVE埼玉パーク Presented by J:COM


税込700円以上購入で「オリジナルA5クリアファイル」1枚プレゼント


オリジナルA5クリアファイル

※写真はイメージです。ノベルティの数には限りがございます。


タリーズコーヒー


ドリンクワンサイズアップ
※一部対象外の商品がございます。店頭スタッフへお尋ねください。


ドリンクワンサイズアップ

武蔵利休


抹茶きなこソフト、白雪きなこソフト、抹茶ゼリーソフト、白雪ゼリーソフトいずれか1点ご注文で「茶飴」3個プレゼント


抹茶きなこソフト、白雪きなこソフト、抹茶ゼリーソフト、白雪ゼリーソフト

角川食堂


イートインお会計から5%OFF
※一部対象外のメニューがございます。店頭スタッフへお尋ねください。


角川食堂

角川武蔵野ミュージアム


・KadoCafe
・SACULA DINER
・ロックミュージアムショップ
「角川武蔵野ミュージアム」内の上記3店舗のうちいずれか2店舗以上のご利用かつ、レシート合計税込2,000円以上ご購入でコースター1枚プレゼント (全3種)
※コースターがなくなり次第終了となります。


コースター (全3種)

※1店舗で税込2,000円を超えても、2店舗目のご利用が必要です。
※2店舗目会計時に店頭スタッフに対象のレシート2枚をご提示ください。
※コースターはランダム配布となり、種類は選べません。


その他


ダ・ヴィンチストアでは店内「EDIT TOWN QUBE」にてモネ展関連書籍を販売。


※各店舗の詳細、最新の情報はところざわサクラタウン公式HPをご確認ください。
※チケットは各対象店舗につき1回のみの使用とさせていただきます。
※チケット1枚ご提示につき1名様のみサービスを受けられます。
※他サービスとの併用は不可とさせていただきます。


絵の具づくりワークショップ 【チケット完売】


絵の具づくりワークショップ

ワークショップでは、印象派、絵の具の歴史について学びながら絵の具をつくることができます。自分のだけの絵を描くために、自分だけの絵の具をつくってみませんか?

モネをはじめとした印象派の画家たちにとって、実はチューブの絵の具は欠かせない存在でした。なぜチューブ絵の具が重要だったのでしょうか?チューブ絵の具ができるまで、絵の具を持ち運ぶことは困難で、外で絵を描くことは容易にはいできませんでした。しかし、チューブ絵の具の誕生により、印象派の画家は、戸外で外の光をみながら絵を描くことが可能となりました。そのため、明るい色彩の作品ができたといわれています。
そんな印象派の画家たちにとって大事な存在、絵の具を一緒につくりましょう。

実施日時

2024年8月3日(土)14:00~16:00

実施エリア

角川武蔵野ミュージアム 4階 ワークショップルーム
※開始10分前に4階エレベーターホール前にお集まりください。受付を行います。

講師

株式会社クサカベ 技術開発部 小川美菜子

参加費

一人2,000円
※対象は小学生とその保護者となります。必ず保護者同伴でご参加ください。【保護者1人・小学生1人】4,000円チケットか【保護者1人・小学生2人】6,000円チケットの、2種からお選びください。

持ち物

道具はこちらで用意いたしますので、不要です。

定員

10組(先着順)

申込方法

こちらから『ワークショップ「絵の具づくりワークショップ」』を選択し、【保護者1人・小学生1人】【保護者1人・小学生2人】いずれかのチケットをご購入ください。

※購入後の変更およびキャンセルはお受けできませんので、予めご了承ください。
※障がい者割引はございません。

注意事項等

※グランドギャラリーで開催中の「モネ イマーシブ・ジャーニー 僕が見た光」をご覧いただく場合は、別途有料チケットが必要となります。詳しくは展覧会ページをご覧ください。
※開始10分前に4階エレベーターホール前にお集まりください。受付を行います。
※汚れてもよい、動きやすい服装でお越しください。
※写真はイメージです。ワークショップでの絵の具づくりでは、練り棒や練り台は使用しませんのでご了承ください。
※対象は小学生とその保護者が対象になります。必ず保護者同伴でご参加ください。
※スペースの都合上、保護者1人につき小学生は最大2人まで同伴可能です。
※記録撮影や当館のSNS等の撮影で、参加者の顔が映り込む可能性があります。予めご了承ください。なお映り込み不可の方は当日スタッフにお申し出ください。その旨が分かるしるしをお渡しします。
※当ワークショップは、十分注意し安全対策をいたしますが、お客様の不注意による怪我や事故、またお客様同士のトラブル等に関しましては、一切の責任を負いかねます。

開催概要

会場

角川武蔵野ミュージアム1階 グランドギャラリー

会期

2024年7月20日(土)~2025年1月19日(日)

開館時間

10:00~18:00
※最終入館は閉館の30分前

休館日

毎週火曜日
※8月13日(火)は臨時開館

展覧会公式サイト

https://kadcul.com/event/192

主催

角川武蔵野ミュージアム(公益財団法人 角川文化振興財団)

後援

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ

協力

株式会社クサカベ

チケット価格(税込)

オンライン購入、当日窓口購入共通
・一般(大学生以上):2,500円
・中高生:2,000円
・小学生:1,300円
・未就学児:無料

※休館日、開館時間は変更となる場合があります。最新情報、詳細は角川武蔵野ミュージアムの営業カレンダーでご確認ください。
※展示内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。