EVENTS

2022.01.22〜2022.05.08
角川武蔵野ミュージアム
有料

角川武蔵野ミュージアム「コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える」開催

ところざわサクラタウン内、角川武蔵野ミュージアム4F エディットアンドアートギャラリーにて、「コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える」を2022年1月22日(土)~5月8日(日)まで開催します。
イベント名
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える
開催期間
2022.01.22〜2022.05.08
開催時間
10:00-18:00(金・土 10:00-21:00)※入館締切:閉館30分前
料金
有料スペースは「スタンダードチケット」でご入場いただけます。
チケット購入ページへ

 2020年11月、その年の春から世界を襲った新型コロナウイルス感染拡大の中、不安を抱える多くの人たちに向けて、角川武蔵野ミュージアムは「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」を始めました。

 幕末に熊本沖に現れたとされる妖獣アマビエのイメージが召喚され、プロアマ問わずアマビエを表すブームが起こりました。それは、美術が持つイメージの力が、人々に希望をもたらす可能性を問いかける現象でした。過去の焼き直しではなく、今を生きる現代のアーティストに、それぞれのアマビエを生み出してほしい、「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」は、そんな思いから生まれました。

 会田誠、鴻池朋子、川島秀明、大岩オスカール、荒神明香、大小島真木。この6人の現代アーティストが角川武蔵野ミュージアムで1年を通して、それぞれのアマビエを生み出しました。会田誠さんは1番手として、あえて流行していたアマビエ像を描きました。そして他のアーティストたちは、旧来のアマビエ像にしばられず、コロナ禍と向き合い、不安、鎮魂、普遍的な存在、生命の連鎖といったそれぞれのイメージを生み出してくれました。

 1年が経ち、日本の、世界の状況は大きく変化しました。まだ感染症が収束したとは言えないものの、コロナ禍の中でさまざまな経験を経たいま、このプロジェクトを振り返り、ここから生まれた作品や参加したアーティストたちの新作を通して、「今」をいかに生きるのかを考えます。

開催概要

休館日

毎月第1・第3・第5火曜日(祝日の場合は開館・翌日閉館)
※最新情報は角川武蔵野ミュージアムホームぺージをご覧ください
https://kadcul.com/guide/info

イベント詳細

https://kadcul.com/event/65

主催:角川武蔵野ミュージアム[公益財団法人 角川文化振興財団]
協力:タグチアートコレクション、ミヅマアートギャラリー、GALLERY MoMo、SCAI THE BATHHOUSE、TOMIO KOYAMA GALLERY

角川武蔵野ミュージアム 公式サイト:https://kadcul.com/